タンパク質の基本

食事とプロテインでタンパク質をとる優先順位はどっち?

食事とプロテインどっちを優先?

この記事では、食事とプロテイン(食品)でタンパク質をとる優先順位を解説しています。

ジムで筋トレやランニングを始めたり、サークルやスポーツをはじめると食事のことを考えずに、プロテインを優先的にとる方がいます。

一方でジムで定期的に運動をしていたり、サークルやスポーツをしていてもプロテインをとっていない方もいます。

はちと
はちと
あなたは食事とプロテインどちらを優先させたら良いと思いますか?

ぜひ一緒にタンパク質をとる優先順位を考えてみましょうね。

食事とプロテインどちらを優先させるの?

タンパク質をとる時に食事とプロテイン(食品)をどちらを優先させるべきでしょうか。

はちと
はちと
私がお勧めするのは基本は食事で不足するタンパク質を補う為にとるのがプロテイン。

不足するタンパク質を考えてプロテインをとることを習慣にすると、食事も見直す意識が出てきますよ。

普段バランスの良い食事が取れていないという方は、タンパク質を中心にビタミンやミネラルも含まれているプロテインをとることで全体的な栄養バランスを改善できる方もいます。

基本は食事を優先にしてタンパク質をとり、不足分をプロテインで補いましょう。

食事で必要なタンパク質がとれていれば、無理にプロテインパウダーをとる必要はありませんよ。

食事で優先的にタンパク質をとる場合のポイント

ポイント

食事でタンパク質をきちんと取れることが理想ですよね。

お肉や魚、乳製品などの食事からタンパク質を積極的にとる場合、気をつけていくポイントが2つあります。

  1. おかずのお肉やお魚が増えると、ご飯の量も増えやすい
  2. お肉は増やすが、野菜を食べない(少ない)

食事の中でタンパク質を増やそうとすると、ご飯を食べ過ぎてしまう方もいます。

はちと
はちと
美味しい焼肉を食べるとご飯を何杯もお代わりしちゃう気持ち、わかります。

でも、ご飯の量は運動やスポーツの量にもよりますが、ダイエットをする場合にはお茶碗1杯までをお勧めし、食べ過ぎ注意を心がけましょう。

タンパク質をたくさんとる時には、お野菜も同じくらいに増やすことをお勧めします。タンパク質だけを栄養としてとるのではなく、野菜からビタミンなどもしっかりととり、食物繊維も体に取り入れましょうね。

食事や栄養に完璧にすることはできません。

それでも食べ過ぎを考えながらコントロールしたり、タンパク質をきちんととること、栄養バランスを考えながら食事を食べることは本当に大切なことです。

体の栄養だけにストイックにならないで!

楽しい楽しい

体を作るタンパク質をとることは年齢と共に重要になってきます。

新しく運動を始めたり、スポーツの機会が増えると食事やプロテインをとるなどタンパク質や栄養だけを考えがちです。

体のことを考えるとタンパク質や栄養面を考えると良いのですが、実は同じくらい大切にしたいのが、心の栄養なんです。

もう少しわかりやすく言うと、あなたが好きなものやその日に食べたいなという食べ物や飲み物も食べ過ぎに注意しながら食べたり、飲んだりしましょう。

食べたいものや飲みたいものを楽しむことは、人生の楽しみや喜びにつながります。

心の栄養とも言えますよね。

タンパク質などの体の栄養面と好きなものを食べたり、飲んだりする心の栄養のバランスをとりながら食事からタンパク質をとっていきましょう。

はちと
はちと
あなたがなぜタンパク質をとることにしたかを忘れずに、食事とプロテイを上手く活用してタンパク質をとっていきましょう。
体を作るタンパク質をとろう!
食物性タンパク質を積極的にとることが、バランスを整えるポイント!
タンパク質を含む身近な食べ物!
体を作るタンパク質をとろう!
食物性タンパク質を積極的にとることが、バランスを整えるポイント!
タンパク質を含む身近な食べ物!